スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法廷外から訴訟に参加=ネット活用、弁護士ら実証実験-福岡(時事通信)

 インターネットなどの情報通信技術(ICT)を活用して、裁判所まで行かなくても民事訴訟に参加できるようにするための実証実験が9日、福岡県内で始まった。
 実験を行ったのは、弁護士と学者、企業でつくる「法のライフライン・コンソーシアム」(代表・川嶋四郎同志社大教授)。
 9日の実験では、大学や公民館など、原告と被告、裁判所に見立てた3カ所をネット回線で接続。実際にあった残業代支払いをめぐる労働審判の事例に基づき、ネット上で申立書や答弁書などをやりとりした後、三者がカメラを通じて「法廷」で審理を進め、被告側に解決金の支払いを命じる決定を下した。
 総務省の「ICT利活用ルール整備促進事業」に採択されており、他の事例でも実験を行って課題を検証した上で、実用化に向けた提言を行う予定。 

【関連ニュース】
店長に残業代支給=「名ばかり管理職」解消で

tomodai
アグレッシブに生きる
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。